2011年01月14日

スシローがカッパ寿司を逆転




スシローがカッパ寿司を売上高を逆転

回転寿司チェーン「スシロー」を運営するあきんどスシローの2010年下半期(7〜12月)の売上高が、「かっぱ寿司」のカッパ・クリエイトを上回り、首位となったことが13日明らかになった。

各社が発表した月速報値を集計したところ、スシローの7〜12月の売り上げは前年同期比20%増の462億円、カッパは同9%増の455億円だった。

スシローは一貫105円でトロを提供するなど素材を重視した戦略に転換し、既存店売上高を伸ばした。

これに対して、かっぱ寿司は平日に1皿90円への値下げを定期的に実施したが、客数が伸び悩んだ。

10年年間(1〜12月)では、かっぱ寿司が首位を維持したが、差は8億円と09年の55億円から大幅に縮小した。

ここ数年はかっぱ寿司がトップを走っていた。

かっぱ寿司全店で通常一皿105円を平日に限って90円に値下げするキャンペーンなどでてこ入れしたが、3〜8月期の不振が響いて既存店売上高は2%減った。

九州や中国・四国地域などに27店を新規出店して売り上げを補ったものの、人件費など出店に伴う販管費が膨らみ、営業利益は15%減の39億円だった。

牛丼チェーンが価格戦略の違いで好不調を分けているのと対照的に、家族連れ中心で客層が広い回転寿司では素材が集客を左右してきたようだ。





スシローがカッパ寿司を逆転
スポンジボブ販路拡大:ソニークリエイティブプロダクツ(ソニーCP)
中西哲生さん(サッカー解説者)監修ベジバーグ発売:日本サブウェイ
日本ハムキャンプツアー追加販売
カウネットが家具シミュレーションアプリ配信
東京銀座一帯で「ファッションゲートギンザ2011」開催
若年層に男性限定の優遇サービス
くら寿司、全店にニンテンドーDS向け配信
蓄光式非常口ステッカーをセブンイレブンが採用
カルディコーヒーファーム:おもてなしの心が大切
ヨドバシカメラ札幌市旧西武百貨店を買収
電子書籍が読書を変える
資生堂とトヨタ UVケアで販売促進
スマートハウスで支配:ヤマダ電機
ヤマダ電機が電気自動車(EV)販売に参入
JTB、医療観光を拡充、美容とも提携
電子書籍事業を強化:メディアドゥ
プロ野球キャンプ見学沖縄ツアー
ロイヤルパークホテル(東京)の受験生プラン:勝男武士(かつお節)
プレミアムシリーズ(洋食メニュー):ガスト
ベネッセ:無料で算数を教えます
スマートフォン本格普及でヒット商品を出す
2011年の傾向と対策:経済予測
覚悟と行動力
コスパ世代
電子書籍の今後

仕事で成り上がる
仕事で役に立つ資格
仕事の素晴らしさについて考える
カーフィルム
posted by うさぎ at 16:30| Comment(0) | 企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。