2011年01月08日

ヤマダ電機が電気自動車(EV)販売に参入




家電量販最大大手のヤマダ電機が電気自動車の販売に参入しました。
一部の店では実写を展示し、試乗会も開く意向であるようです。
家庭用電源で充電して走る電気自動車はまだ発展前の段階。
それでも他社に先んじて取り組むのは、来るべき「スマートハウス時代」を見据えているからとのこと。
ただ、自動車特有の販売手法の取得など、一般に広まるまでにいろいろと課題が出てきています。


12月中旬の土曜日に相模鉄道いずみ野駅から車で10分の国道沿いにある「テックランド横浜泉店(横浜市)」で家電量販店では初めてとなる電気自動車(EV)試乗会が開催されました。
店内に展示されて車両とは別に、三菱自動車のアイ・ミーブ(i-MiEV)が2台展示され、開店直後から試乗希望者が集まりました。
乗り心地について参加者は「想像以上に静かでパワフル」と満足感。
「電気自動車(EV)は走る家電製品と感じるのでヤマダ電機で売っていてもまったく違和感がない」とのこと。
ヤマダ電機は従来から中古車などを販売していた首都圏の郊外店型店舗で電気自動車(EV)の販売を始めました。
扱う電気自動車(EV)アイミーブのみで、メーカーの三菱自動車ではなく、三菱自動車の系列ディーラーの関東三菱自動車販売と登録販売店契約を結んでいます。
メーカーからの直接契約に取り付けなかったのは、全国のディーラーからの反発が強かったのではないか、とみています。

全国に拠点を展開し、家電販売で圧倒的なシェアを握るヤマダ電機への販売力は同業種でなく異業種であっても抵抗感や警戒感は強いようです。
ただ販売するのではヤマダ電機もこれから問題が出てくると思います。修理などのアフターメンテナンスの問題で自前でやるもは難しいと思います。
ヤマダ電機でお客さんが購入した車両を納入したり、車検などのメンテナンスを施したりする役割をディーラーが担っています。
ただディーラーへ足を運ばないお客さんをこれから獲得する手段にもなるので、そのような販路拡大の一環としてヤマダ電機との契約に踏み切ったというものあると思います。
双方の利害を一致する形を取っているようです。

ヤマダ電機だけではなく、他の量販店も電気自動車(EV)を将来の主力商品と考えているようです。
ビックカメラは三菱自動車販売と電気自動車(EV)の普及活動などで提携し、ビックカメラ有楽町店本館などでパネル展示を始めています。
ヤマダ電機やビックカメラ以外でも、水面下で自動車メーカーと交渉している量販店があるようです。

家電量販店が電気自動車(EV)販売への参入をもくろむ背景には、この業態の総売上高がここ数年で頭打ちとなっている事情があります。
家電全体の市場規模が中国に逆転されている現在、電気自動車(EV)は「走る家電製品」として今後の成長が期待できる数少ない商品です。

ただ、こういう期待の新商材を扱うには参入障壁も多いのも事実です。既存の自動車ディーラーの反発だけではない。独特の販売ノウハウを備えて人材の育成も必要となってきます。
ヤマダ電機では電気自動車(EV)販売に先立って、約40人の従業員の三菱自動車販売の研修を受けさせており、お客様への応対を習っていますが、試乗会でのお客様の質問は自動車メーカーの研修で習わなかった想定外のものばかりとのこと。
あらかじめ車を買う目的があるお客様と、下調べをしていないお客様とは質問内容は全然異なります。さらに複雑にしているのが補助金関連の質問。
現状、電気自動車(EV)の補助金は国、都道府県、市町村の3種類があります。
市町村をまたげば補助金の額が異なります。店舗周辺の補助金額を全て暗記して接客に望んでいたようです。

ヤマダ電機では電気自動車(EV)販売の一部担当者に自動車ディーラー出身者を起用していますが、全員が家電量販店の売り方を習得できません。
ヤマダ電機の場合は本格的に参入するに当たって中古車販売の実験販売などを含めてほぼ4年間の助走期間を設定していたようです。
まさに電気自動車(EV)は次の期待商品であることに間違いはないですが、「走る家電製品」を売る体制を整えるには準備がかかせません。




スシローがカッパ寿司を逆転
スポンジボブ販路拡大:ソニークリエイティブプロダクツ(ソニーCP)
中西哲生さん(サッカー解説者)監修ベジバーグ発売:日本サブウェイ
日本ハムキャンプツアー追加販売
カウネットが家具シミュレーションアプリ配信
東京銀座一帯で「ファッションゲートギンザ2011」開催
若年層に男性限定の優遇サービス
くら寿司、全店にニンテンドーDS向け配信
蓄光式非常口ステッカーをセブンイレブンが採用
カルディコーヒーファーム:おもてなしの心が大切
ヨドバシカメラ札幌市旧西武百貨店を買収
電子書籍が読書を変える
資生堂とトヨタ UVケアで販売促進
スマートハウスで支配:ヤマダ電機
ヤマダ電機が電気自動車(EV)販売に参入
JTB、医療観光を拡充、美容とも提携
電子書籍事業を強化:メディアドゥ
プロ野球キャンプ見学沖縄ツアー
ロイヤルパークホテル(東京)の受験生プラン:勝男武士(かつお節)
プレミアムシリーズ(洋食メニュー):ガスト
ベネッセ:無料で算数を教えます
スマートフォン本格普及でヒット商品を出す
2011年の傾向と対策:経済予測
覚悟と行動力
コスパ世代
電子書籍の今後

家を買ってしまったが賃貸でもよかったかな
不動産お役立ち情報
田舎へ住もう!田舎暮らし応援サイト
夢のようなお家
posted by うさぎ at 12:02| Comment(0) | 日本社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。