2011年01月05日

覚悟と行動力




覚悟と行動力

2010年は、日本経済にとってどのような年であっただろうか。

そして2011年という年は、日本経済にとってどのような年になるのだろうか。

数字だけが振り返ってみると、10年の経済成長率は当初の予想を超えて非常に高いものであった。

その全ハンガリー万ショックの影響で非常に悪かったので、その分の反動でよくなっただけという人もいるだろう。

前年の落ち込みが大きければその次の年の成長率は高めに出るものだ。

確かに私たちの周りには、景気のよい話はあまりありません。

企業は円高で苦しんでいます。

雇用状況は相変わらず悪く、特に新卒の就職市場が冷え切っていることは大問題です。

公共事業の現象と企業の閉鎖などで、地域経済はかなり厳しい状況にあります。

ただ、成長率が高かったことは事実である。


こうしたこともあって、11年の経済見通しは民間の予想も政府の予想も厳しい。

10年に比べて相当に成長率は落ち込むと予想されています。

こくないてきには、エコポイントなどの景気対策が一段落すること、雇用情勢が悪いことなどから消費の伸びも期待しにくい。

欧米などの先進国経済が低迷しており、新興国も過熱の引き締めに入っており、世界的に見ても景気低迷が予想されている。

景気循環的な視点から見れば、11年は厳しい年ということになる。

ただ、今の日本経済は景気循環だけで見てかいけないだろう。

20年間にわたって低い経済成長率に甘んじるという構造的な問題のほうが深刻であるのだ。

景気が悪いというので対症療法的な手段に追われるのではなく、個々は覚悟を決めて本格的な構造改革に乗り出すべきである。

11年という年はそういう年であってほしい。

どのようにしたら日本経済はこの長期停滞から脱出することができるのだろうか。

この問いに対する応えは、ほとんどの人が知っているはず。

社会保障改革を大胆に行い、消費税を引き上げ、財政健全化が実現できるような道を開く。

自由貿易協定に積極的に取り組み、国を開くことにより、経済活性化の道を探る。

農業は兼業農家を保護するのではなく、専業農家に支援を集中し、競争力を強化する。

雇用制度を改革し、若い人たちの雇用の場が確保できるような仕組みを構築する。

技術革新を促すような研究開発用紙や科学技術研究を促す制度を強化する。

こうした制作がきちっと動き始めたら日本はずいぶんよくなることは、誰の目にも明らかなはず。

やるべき政策は本屋に行けば、その応えはすべてある。重要なのはそれをいかに実行するかです。

今は、より多くの国民にやるべき政策が理解されるようになっているはず。

あとは政治が覚悟を持って実行するための行動力だけ、ですが・・・。





スシローがカッパ寿司を逆転
スポンジボブ販路拡大:ソニークリエイティブプロダクツ(ソニーCP)
中西哲生さん(サッカー解説者)監修ベジバーグ発売:日本サブウェイ
日本ハムキャンプツアー追加販売
カウネットが家具シミュレーションアプリ配信
東京銀座一帯で「ファッションゲートギンザ2011」開催
若年層に男性限定の優遇サービス
くら寿司、全店にニンテンドーDS向け配信
蓄光式非常口ステッカーをセブンイレブンが採用
カルディコーヒーファーム:おもてなしの心が大切
ヨドバシカメラ札幌市旧西武百貨店を買収
電子書籍が読書を変える
資生堂とトヨタ UVケアで販売促進
スマートハウスで支配:ヤマダ電機
ヤマダ電機が電気自動車(EV)販売に参入
JTB、医療観光を拡充、美容とも提携
電子書籍事業を強化:メディアドゥ
プロ野球キャンプ見学沖縄ツアー
ロイヤルパークホテル(東京)の受験生プラン:勝男武士(かつお節)
プレミアムシリーズ(洋食メニュー):ガスト
ベネッセ:無料で算数を教えます
スマートフォン本格普及でヒット商品を出す
2011年の傾向と対策:経済予測
覚悟と行動力
コスパ世代
電子書籍の今後

目指せ!不動産王
損をしないための不動産豆知識
かなこのマイホーム建築中
爺の老後のマンション探し
posted by うさぎ at 13:04| Comment(0) | 日本社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。