2011年01月05日

コスパ世代





節約するがお金も効率的に使う:コスパ世代

「物欲がない」「ものを買わない」などといわれ、ここ数年の消費低迷の戦犯扱いをされてきた20代

しかし、ウラを返せば、コストパフォーマンス(コスパ:費用対効果)を考え、見栄を張らず、身の丈にあったかい方をする賢い消費とも言えます。

不況を受け入れ、その中で楽しむ彼らの消費スタイルを作っている世代をコスパ世代(コストパフォーマンス)といいます。

20代のOLで、家賃10万円以上の新築マンションに住んでおり、海外旅行で20万円近く使ったり、月1回の女子貝では予約困難な人気店などで1万円を使う。

一見華やかですが、高給取りではありません。

節約を心がけており、節約術の一つで買い物はレシートをもらい、収支計算をしている。

着なくなった洋服やバッグ、電化製品などをフリーマーケットで売ったり、友達と共同出店することで出店費用を分担したりで稼いでいます。

あと20代後半になるとお祝い事が増えるため、衣装代やヘアメイクで1回8万円近くかかってしまい、そしていつも同じ服では恥ずかしいので、プロのスタイリストのコーディネイトでの衣装やバッグ、靴の1泊2日のレンタルとヘアセットがついて1万円などのサービスを利用している。

これによって節約もできるのだが、新しい自分のスタイルも発見できる楽しさもあるので二重の楽しみといいます。


そして急増しているグルーポンを多く利用しているといいます。

ゴルフの体験レッスンで味を占めて、居酒屋や高級ホテルを半額以下の割引を利用し、7万円以上得をしたという人もいます。

都市部では駐車料金も高額のため、車の所有をやめ、カーシェアリングができる「カフォレ」の会員になっています。

実際に3年前に中古車を購入したが、コンビニやレンタル店に行くことが多く、駐車場代など付き5万円の出費を考えたらもったいない、との理由。

コンビニには自転車で行き、週末に出かけるときだけ車を借りる。

1回の使用料金は3000円程度。

車を持たないことで、車を使わないたびにも関心が広がり、海外旅行に一人旅をしたりもできる。

コスパ世代は時間の使い方も合理的です。

早朝や昼休みを利用した合コンや婚活に参加する20代が増えています。

夜に比べて飲食費が安く、短時間で済むうえ、早起きなどのメリットもあるため、だそうです。


コスパ世代は時間とお金を有効利用しているため、しっかりとした自己マネジメントをしています。




スシローがカッパ寿司を逆転
スポンジボブ販路拡大:ソニークリエイティブプロダクツ(ソニーCP)
中西哲生さん(サッカー解説者)監修ベジバーグ発売:日本サブウェイ
日本ハムキャンプツアー追加販売
カウネットが家具シミュレーションアプリ配信
東京銀座一帯で「ファッションゲートギンザ2011」開催
若年層に男性限定の優遇サービス
くら寿司、全店にニンテンドーDS向け配信
蓄光式非常口ステッカーをセブンイレブンが採用
カルディコーヒーファーム:おもてなしの心が大切
ヨドバシカメラ札幌市旧西武百貨店を買収
電子書籍が読書を変える
資生堂とトヨタ UVケアで販売促進
スマートハウスで支配:ヤマダ電機
ヤマダ電機が電気自動車(EV)販売に参入
JTB、医療観光を拡充、美容とも提携
電子書籍事業を強化:メディアドゥ
プロ野球キャンプ見学沖縄ツアー
ロイヤルパークホテル(東京)の受験生プラン:勝男武士(かつお節)
プレミアムシリーズ(洋食メニュー):ガスト
ベネッセ:無料で算数を教えます
スマートフォン本格普及でヒット商品を出す
2011年の傾向と対策:経済予測
覚悟と行動力
コスパ世代
電子書籍の今後

目指せ!不動産王
損をしないための不動産豆知識
かなこのマイホーム建築中
爺の老後のマンション探し
posted by うさぎ at 11:09| Comment(0) | コスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。