2011年01月09日

電子書籍が読書を変える




電子書籍が読書を変える

電機メーカーや出版社、書店が電子書籍に関連した商品やサービスを相次ぎ投入している。

消費者の関心も日増しに高まっている。

電子書籍は本当に普及し、2011年は読書生活を変えるのか。

2010年12月、ソニーが発売した電子書籍専用端末「リーダー」が店頭に並んだ。

ソニーが独自に運営する電子書籍販売サイト「リーダーストア」を通じて販売する電子書籍コンテンツと、同じ内容の紙の書籍を並べた書籍を紀伊国屋書店内に設置。

シャープも同日、電子書籍端末「GARAPAGOS(ガラパゴス)」を発売すると同時に電子書籍販売サイト「TSUTAYA GARAPAGOS」のサービスを開始し、11年春までに動画や音楽の配信も始める予定である。

約1400点のTSUTAYAの店舗の顧客の購買データを分析し、好みにきめ細かく対応したオススメ商品をガラパゴス上に表示するサービスも始めたい方針。

2011年は様々なプレーヤーが参入し、電子書籍に絡むビジネスが盛り上がるだろう。

大日本印刷グループもNTTdocomoなどと組んで、電子書籍販売サイト「honto」の運営に本格的に乗り出したほか1995年から電子書籍販売を手がけるパピレスもコンテンツ数を拡充するなどして顧客の取り込みを図る。

電子書籍の売上高は2014年度に1300億円にまで拡大すると見られている。

しかし、その熱気が継続し、人々の生活に浸透するかどうかは別の話。

作家、出版社、取次、書店など既存の出版流通の担い手が、どんな形で電子書籍を育成していくのかも注目される。




スシローがカッパ寿司を逆転
スポンジボブ販路拡大:ソニークリエイティブプロダクツ(ソニーCP)
中西哲生さん(サッカー解説者)監修ベジバーグ発売:日本サブウェイ
日本ハムキャンプツアー追加販売
カウネットが家具シミュレーションアプリ配信
東京銀座一帯で「ファッションゲートギンザ2011」開催
若年層に男性限定の優遇サービス
くら寿司、全店にニンテンドーDS向け配信
蓄光式非常口ステッカーをセブンイレブンが採用
カルディコーヒーファーム:おもてなしの心が大切
ヨドバシカメラ札幌市旧西武百貨店を買収
電子書籍が読書を変える
資生堂とトヨタ UVケアで販売促進
スマートハウスで支配:ヤマダ電機
ヤマダ電機が電気自動車(EV)販売に参入
JTB、医療観光を拡充、美容とも提携
電子書籍事業を強化:メディアドゥ
プロ野球キャンプ見学沖縄ツアー
ロイヤルパークホテル(東京)の受験生プラン:勝男武士(かつお節)
プレミアムシリーズ(洋食メニュー):ガスト
ベネッセ:無料で算数を教えます
スマートフォン本格普及でヒット商品を出す
2011年の傾向と対策:経済予測
覚悟と行動力
コスパ世代
電子書籍の今後

仕事の素晴らしさについて考える
仕事で役に立つ資格
仕事について語ろう!
ロードサービス
posted by うさぎ at 18:41| Comment(0) | 電子関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。