2011年01月05日

覚悟と行動力




覚悟と行動力

2010年は、日本経済にとってどのような年であっただろうか。

そして2011年という年は、日本経済にとってどのような年になるのだろうか。

数字だけが振り返ってみると、10年の経済成長率は当初の予想を超えて非常に高いものであった。

その全ハンガリー万ショックの影響で非常に悪かったので、その分の反動でよくなっただけという人もいるだろう。

前年の落ち込みが大きければその次の年の成長率は高めに出るものだ。

確かに私たちの周りには、景気のよい話はあまりありません。

企業は円高で苦しんでいます。

雇用状況は相変わらず悪く、特に新卒の就職市場が冷え切っていることは大問題です。

公共事業の現象と企業の閉鎖などで、地域経済はかなり厳しい状況にあります。

ただ、成長率が高かったことは事実である。


こうしたこともあって、11年の経済見通しは民間の予想も政府の予想も厳しい。

10年に比べて相当に成長率は落ち込むと予想されています。

こくないてきには、エコポイントなどの景気対策が一段落すること、雇用情勢が悪いことなどから消費の伸びも期待しにくい。

欧米などの先進国経済が低迷しており、新興国も過熱の引き締めに入っており、世界的に見ても景気低迷が予想されている。

景気循環的な視点から見れば、11年は厳しい年ということになる。

ただ、今の日本経済は景気循環だけで見てかいけないだろう。

20年間にわたって低い経済成長率に甘んじるという構造的な問題のほうが深刻であるのだ。

景気が悪いというので対症療法的な手段に追われるのではなく、個々は覚悟を決めて本格的な構造改革に乗り出すべきである。

11年という年はそういう年であってほしい。

どのようにしたら日本経済はこの長期停滞から脱出することができるのだろうか。

この問いに対する応えは、ほとんどの人が知っているはず。

社会保障改革を大胆に行い、消費税を引き上げ、財政健全化が実現できるような道を開く。

自由貿易協定に積極的に取り組み、国を開くことにより、経済活性化の道を探る。

農業は兼業農家を保護するのではなく、専業農家に支援を集中し、競争力を強化する。

雇用制度を改革し、若い人たちの雇用の場が確保できるような仕組みを構築する。

技術革新を促すような研究開発用紙や科学技術研究を促す制度を強化する。

こうした制作がきちっと動き始めたら日本はずいぶんよくなることは、誰の目にも明らかなはず。

やるべき政策は本屋に行けば、その応えはすべてある。重要なのはそれをいかに実行するかです。

今は、より多くの国民にやるべき政策が理解されるようになっているはず。

あとは政治が覚悟を持って実行するための行動力だけ、ですが・・・。





スシローがカッパ寿司を逆転
スポンジボブ販路拡大:ソニークリエイティブプロダクツ(ソニーCP)
中西哲生さん(サッカー解説者)監修ベジバーグ発売:日本サブウェイ
日本ハムキャンプツアー追加販売
カウネットが家具シミュレーションアプリ配信
東京銀座一帯で「ファッションゲートギンザ2011」開催
若年層に男性限定の優遇サービス
くら寿司、全店にニンテンドーDS向け配信
蓄光式非常口ステッカーをセブンイレブンが採用
カルディコーヒーファーム:おもてなしの心が大切
ヨドバシカメラ札幌市旧西武百貨店を買収
電子書籍が読書を変える
資生堂とトヨタ UVケアで販売促進
スマートハウスで支配:ヤマダ電機
ヤマダ電機が電気自動車(EV)販売に参入
JTB、医療観光を拡充、美容とも提携
電子書籍事業を強化:メディアドゥ
プロ野球キャンプ見学沖縄ツアー
ロイヤルパークホテル(東京)の受験生プラン:勝男武士(かつお節)
プレミアムシリーズ(洋食メニュー):ガスト
ベネッセ:無料で算数を教えます
スマートフォン本格普及でヒット商品を出す
2011年の傾向と対策:経済予測
覚悟と行動力
コスパ世代
電子書籍の今後

目指せ!不動産王
損をしないための不動産豆知識
かなこのマイホーム建築中
爺の老後のマンション探し
posted by うさぎ at 13:04| Comment(0) | 日本社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コスパ世代





節約するがお金も効率的に使う:コスパ世代

「物欲がない」「ものを買わない」などといわれ、ここ数年の消費低迷の戦犯扱いをされてきた20代

しかし、ウラを返せば、コストパフォーマンス(コスパ:費用対効果)を考え、見栄を張らず、身の丈にあったかい方をする賢い消費とも言えます。

不況を受け入れ、その中で楽しむ彼らの消費スタイルを作っている世代をコスパ世代(コストパフォーマンス)といいます。

20代のOLで、家賃10万円以上の新築マンションに住んでおり、海外旅行で20万円近く使ったり、月1回の女子貝では予約困難な人気店などで1万円を使う。

一見華やかですが、高給取りではありません。

節約を心がけており、節約術の一つで買い物はレシートをもらい、収支計算をしている。

着なくなった洋服やバッグ、電化製品などをフリーマーケットで売ったり、友達と共同出店することで出店費用を分担したりで稼いでいます。

あと20代後半になるとお祝い事が増えるため、衣装代やヘアメイクで1回8万円近くかかってしまい、そしていつも同じ服では恥ずかしいので、プロのスタイリストのコーディネイトでの衣装やバッグ、靴の1泊2日のレンタルとヘアセットがついて1万円などのサービスを利用している。

これによって節約もできるのだが、新しい自分のスタイルも発見できる楽しさもあるので二重の楽しみといいます。


そして急増しているグルーポンを多く利用しているといいます。

ゴルフの体験レッスンで味を占めて、居酒屋や高級ホテルを半額以下の割引を利用し、7万円以上得をしたという人もいます。

都市部では駐車料金も高額のため、車の所有をやめ、カーシェアリングができる「カフォレ」の会員になっています。

実際に3年前に中古車を購入したが、コンビニやレンタル店に行くことが多く、駐車場代など付き5万円の出費を考えたらもったいない、との理由。

コンビニには自転車で行き、週末に出かけるときだけ車を借りる。

1回の使用料金は3000円程度。

車を持たないことで、車を使わないたびにも関心が広がり、海外旅行に一人旅をしたりもできる。

コスパ世代は時間の使い方も合理的です。

早朝や昼休みを利用した合コンや婚活に参加する20代が増えています。

夜に比べて飲食費が安く、短時間で済むうえ、早起きなどのメリットもあるため、だそうです。


コスパ世代は時間とお金を有効利用しているため、しっかりとした自己マネジメントをしています。




スシローがカッパ寿司を逆転
スポンジボブ販路拡大:ソニークリエイティブプロダクツ(ソニーCP)
中西哲生さん(サッカー解説者)監修ベジバーグ発売:日本サブウェイ
日本ハムキャンプツアー追加販売
カウネットが家具シミュレーションアプリ配信
東京銀座一帯で「ファッションゲートギンザ2011」開催
若年層に男性限定の優遇サービス
くら寿司、全店にニンテンドーDS向け配信
蓄光式非常口ステッカーをセブンイレブンが採用
カルディコーヒーファーム:おもてなしの心が大切
ヨドバシカメラ札幌市旧西武百貨店を買収
電子書籍が読書を変える
資生堂とトヨタ UVケアで販売促進
スマートハウスで支配:ヤマダ電機
ヤマダ電機が電気自動車(EV)販売に参入
JTB、医療観光を拡充、美容とも提携
電子書籍事業を強化:メディアドゥ
プロ野球キャンプ見学沖縄ツアー
ロイヤルパークホテル(東京)の受験生プラン:勝男武士(かつお節)
プレミアムシリーズ(洋食メニュー):ガスト
ベネッセ:無料で算数を教えます
スマートフォン本格普及でヒット商品を出す
2011年の傾向と対策:経済予測
覚悟と行動力
コスパ世代
電子書籍の今後

目指せ!不動産王
損をしないための不動産豆知識
かなこのマイホーム建築中
爺の老後のマンション探し
posted by うさぎ at 11:09| Comment(0) | コスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電子書籍の今後




電子書籍の今後

2010年は電子書籍元年といってもいいだろう。

しかし率直な印象として、「言うほど電子書籍は伝わらなかった。騒いだだけでは」と感じる人も多いのではないだろうか。

それも当然で、2010年は日本の出版社にとって、電子書籍に向けた準備を本格的にスタートさせた、といったほうがいいのでは。

日本では携帯電話向けに電子書籍にビジネスが既に定着している。

しかし、が麺が小さくて、紙の書籍に近い感覚では読みづらいことから、携帯小説や専用のコミックなど、いわゆる本とは違う市場を形成してきた。

一方、アメリカでは2006年ごろから神に近いサイズのディスプレーを備えた「電子書籍端末」向けのビジネスが進んでおり、紙でできた本が同時に電子書籍としても発売されるケースが少なくない。

日本では遅れること4年、要約出版社も本気でビジネスを始めることとなった。

そのさきがけとなったのは2010年5月末に発売された「iPad」。

iPadは電子書籍専用機ではなく、板状の汎用コンピュータなのだが、日本で先ず注目されたのは「電子書籍」向けの用途である。

だがiPadの1機種だけでは市場が小さい。

ソニーやシャープは2010年12月に電子書籍端末を発売し、各携帯電話事業者もiPhoneiPadの対抗機を用意、電子書籍が読める端末の数が増加した。

とはいえ、これで一気に紙の本が駆逐される、ということはありえない。

先行するアメリカですら紙の市場の10%に届くかどうか、というところで日本も数年後にようやくそれに近い水準になる、というのが実情だろう。

しかし、電子書籍には様々な価値がある。

文字サイズが変えられて、視力に不安がある人でも安心して読める。

情報の更新が容易なので、最新情報にあわせてほんの中身を替えられるうえ、場所もとらない。

今後は、本をたくさん読む人は専用端末を買い、そうでない人はスマートフォンやタブレット端末で「時々電子書籍も読む」といった形になっていくのではないだろうか。




スシローがカッパ寿司を逆転
スポンジボブ販路拡大:ソニークリエイティブプロダクツ(ソニーCP)
中西哲生さん(サッカー解説者)監修ベジバーグ発売:日本サブウェイ
日本ハムキャンプツアー追加販売
カウネットが家具シミュレーションアプリ配信
東京銀座一帯で「ファッションゲートギンザ2011」開催
若年層に男性限定の優遇サービス
くら寿司、全店にニンテンドーDS向け配信
蓄光式非常口ステッカーをセブンイレブンが採用
カルディコーヒーファーム:おもてなしの心が大切
ヨドバシカメラ札幌市旧西武百貨店を買収
電子書籍が読書を変える
資生堂とトヨタ UVケアで販売促進
スマートハウスで支配:ヤマダ電機
ヤマダ電機が電気自動車(EV)販売に参入
JTB、医療観光を拡充、美容とも提携
電子書籍事業を強化:メディアドゥ
プロ野球キャンプ見学沖縄ツアー
ロイヤルパークホテル(東京)の受験生プラン:勝男武士(かつお節)
プレミアムシリーズ(洋食メニュー):ガスト
ベネッセ:無料で算数を教えます
スマートフォン本格普及でヒット商品を出す
2011年の傾向と対策:経済予測
覚悟と行動力
コスパ世代
電子書籍の今後

目指せ!不動産王
損をしないための不動産豆知識
かなこのマイホーム建築中
爺の老後のマンション探し
posted by うさぎ at 11:02| Comment(0) | 電子関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。